不名誉、現実。

今回は、今回は楽しい大吾日記ではないです。

先日も、ブロ友のなおさんから、迷い犬の情報をいただいたり、やはりブロ友のきららパパさんから
野良犬の記事のとき、こちらでは野良犬はあまり見かけないという事でした。


先日地元地方紙、茨城新聞にて 下記の記事が載ってました。

【 犬の処分7年で半減 本県、最下位脱せず
2009/11/23(月) 本紙朝刊 総合1面 A版 1頁

民間団体 避妊去勢の助成要望
 県動物指導センター(笠間市)が実施している犬の致死処分数について、
2001年度の1万1672匹が08年度は5467匹と7年でほぼ半減したことが
、22日までの県の調べで分かった。愛護精神の高まりが背景にあるが、
全国都道府県ではワースト(07年度)と不名誉な状況が続いている。
安易な飼育放棄を防ぐため、県は来年度から「定時定点引き取り」
を廃止する方向で大きくかじを切る。第三者への譲渡数は愛護団体の
協力などで増加傾向を示しており、団体側は「避妊去勢手術に助成を」
と要望し一層の処分数減少を求めている。

 県生活衛生課によると、県は無料だった犬猫引き取りを04年度から有料化。
譲渡の条件も厳格化した。市町村ごとに実施する定時定点引き取りの場所は年々減らし
、同年度の70カ所が本年度は42カ所となった。愛護団体などとの協力拡大も図り
本年度から譲渡団体の認定制度を開始。捕獲数が多い鹿行地域では実態調査を実施する。
 定時定点について県は廃止の方針。同課は「捨て犬が増える恐れもあるが、
捨て犬は動物愛護法違反の犯罪行為。県警とも連携し対応する」と強調する。
廃止の場合、引き取りは指導センターで一元的に受け付ける。
 処分数の多さは放し飼いを容認するなど県民性の違いのほか、本県は気候が温暖で
平地が広がり、野良犬が生活、繁殖しやすい環境という側面もある。
 一方、猫の処分数をみると、07年度、本県は3528匹で全国22位。
ワーストの愛知県は1万1675匹と本県の犬の処分数を大きく上回る。
愛知の犬は2584匹で全国17位。犬が多いと猫は少ないなど緩やかな相関関係が
みられる。
 県内で活動する愛護団体「あにまるさぽーときずな」(渡辺ミヤ子代表)
のメンバーは20日午前、県庁を訪れ、川俣勝慶副知事に避妊去勢手術への補助を
求める県内外約2万1千人分の署名を提出した。
 一時10市町村を超えていた避妊去勢手術に対する助成制度は、財政難の影響で
現在8市町村にとどまる。
 処分に至る犬のうち生後3カ月未満の子犬は2359匹と43・1%(08年度)
に達する。渡辺代表は「茨城は他県から愛護面で遅れた地域と見られている。
不幸な子たちをつくらないための助成金を」と要望する。
 本県の犬の登録数は年々増え、08年度は19万2813匹と20万匹に迫る勢い。
正規に登録している犬だけで県民15人に1人が飼っている計算だ。
 ペットブームが続く中、人間の都合で消える命を減らすには、飼い主、
県民のさらなる意識向上が求められている。】

画像


以前の記事の野良犬


要約すると茨城県の犬の致死処分数は、2001年度の1万1672匹が08年度は5467匹と7年でほぼ半減した
と言う事。
半減したが、全国都道府県でダントツワースト1です。
茨城県の中でも、記事にある鹿行地域は大吾んちのところです。霞ケ浦、北浦の湖比較的温暖で、捨てられたワンコ達が生き延びると書いてあります。
それよりも、放し飼いがそれほど気にしない県民性、ペットに対する責任感の欠如が一番の原因であろうと思われます。

こちらでは散歩の時、警棒ならぬ棒を持ったり、石ころを持って散歩しないと思わぬ喧嘩や、怪我をするので必需品です。 現に大吾パパも大吾と野良犬の喧嘩を止めに入り流血し病院に行ったくらいです。

画像


最近の記事のナナコ、この子ももしかして、捨て犬かも。


やはり、条例その他で罰則や罰金も導入しなければならないと悲しいけど思います。


画像


大吾が犬として、幸せかどうかは分からないが、すべてのワンコ達が、ビクビクしながら野で寝ることがなく、安心して眠れる社会にしたいものです。

この記事へのコメント

2009年11月25日 15:38
ほんとに、捨て犬や虐待の記事を見ると心が痛みますね。。。
どうして、人間はこんなにも残酷な生き物なんでしょう。
愛犬家の人もいる半面、嫌いな人もいるでしょう。
でも、可愛くて飼った生き物を最後まで面倒を見てあげる覚悟をもって
飼ってあげて欲しいです(´・ω・`)
この世から、捨て犬や捨て猫が無くなる日が来ますように。。。。
2009年11月25日 16:17
最近ではチップを埋め込んだり、去年の市役所のきらら登録時には名前から犬種、色等々、事細かに記入しなければいけませんでした。宮崎県でも迷い犬や捨て犬の里親募集で頑張ってる団体さんもいらっしゃいます。
見かけない理由の一つが大吾パパさんの住む都会と違い地方の田舎なので、車でかなりの山間部まですぐに行けるので、そういった所で捨ててくるんでしょうね(もちろん、その後の生存率はかなり低い)
避妊、去勢は確かに可哀そうですが、生まれてくる子全部を育てる覚悟が無い限り必要事項かもしれませんね、私達の大事な子供の子共を受け入れてくれる全ての人が同じスタンスで接してくれるとは限らないですよね、捨てられる子たちの殆どが可愛そうな最期を迎えなきゃいけないのですから!
2009年11月25日 18:21
「県民15人に1人が飼っている計算」って言うのに、驚きでした。
兵庫県は、大方が山で面しているので、山間部の事は解りませんが、
私の地域で野良犬を見る方が、貴重です。
罰則って言っても、飼い主が判明するって、難しいですよね。
絵留もチップを埋めてないし…
制度の変更に伴い、飼う段階での、チップを埋める事とか、
必ず飼い主が解る様にするって事も必要ですよね。
罰金の事も、増やせば、人間の怖さが現れないとは限らないし心配です。
飼い主さんにも色々ですしね。
同じ飼っていても、幸不幸って有るし…
絵留が幸せかは解りませんが(笑)
でも、暖かく、食べ物にも困らない生活、
安心して寝れる環境なので、幸せなはずですよね(^^ゞ
2009年11月25日 21:50
犬でも猫でも、亀でも兎でも、金魚でもメダカでも、飼ったからには責任を持って大事に育てなければいけません。
その自信がないので、私は動物を飼いません。(マジに)
でも、カミサンに飼われてます。(あっ、これは蛇足でしたね)
2009年11月26日 02:01
皆さんのおっしゃる通りだと思います。
簡単に子供を産ませてみたいからとか、都合で飼えなくなったからとか、捨てた人にも事情があったとは思いますが、ぬいぐるみを捨てるような感覚や、「きっとあのこは元気に生きている」なんてきれいな空想で捨てた自分を許したりしているかも…。わんこは動くぬいぐるみじゃないんです。『責任』を持ってきちんと看取るまで、家族でいてあげてほしいものです…。
2009年11月26日 11:36
水姫さん こんにちは
私が小さい頃は、犬って外で、ほとんどが一日中繋ぎっぱなしか、放し飼いでした。そういう県民性のところがあるんでしょうね。
よく、私は犬が大好きなんですとか、言って放し飼いにしてる方がいますが、私から見たら、愛犬家でも何でもないと思います、事故、思わぬ妊娠など悲惨な事があるんですから信じられません。
2009年11月26日 11:57
きららパパさん こんにちは
この辺だと狂犬病ワクチン接種率も低いんですよ。その人に狂犬病なんて日本ではないんだよって言ってますが、それをしてきたから今現在があるんですから。世界レベルだとすごい死者数なんですよね。
この前ね、大吾んちは、市役所の近くなんですが、電話があり「○○さんちの大吾君は家にいますか?」との事、聞けば市役所の近くをリードから離れて歩ってる、柴犬がいるので近くの柴犬登録の方に電話してるとの事です。
もちろん大吾は脱走してませんでしたが、これは登録して管理してる為良いことでした。
大吾んちは都会ではありません!ど田舎です(笑)
記事にも書きましたが、湖があるため魚、水鳥、など餌が豊富の為繁殖するんですね。病気の事を考えると去勢避妊をしたほうが良いと言われてますが、
発情期には外飼いをやめて家の中に入れとくとか管理隔離すれば望まれない子が生まれることは無いと思うのですが。
2009年11月26日 12:06
りん子さん こんにちは

「県民15人に1人が飼っている計算」って言う事は3~4人家族とすると4軒に1ワンコはいる事になりますよね、近所を考えてもそうかもしれません。
チップを埋める事はたしかに、費用や健康的?に難しいかもしれません。それよりも登録の徹底をし、放し飼いの根絶を目指すべきかなとおもいます。

私たちのブログなどで、ワンコの飼い方接し方など、楽しさなどを紹介するのも少しは役立つかも知れませんね。
良く大吾にお前は幸せな家にきてんだよ、というのですが大吾自身は、これが当たり前とおもってますから。
2009年11月26日 12:10
カンツォーネさん こんにちは
○○サンに飼われてます!(笑)
だから、ストレス発散に脱走したり、ステージでと遠吠えしたり、
発情してるんですね!※あ!この記事○○サン見てないですよね。
2009年11月26日 12:20
ぽん太ママさん こんにちは
特にお子さんがいる家で、ワンコを欲しく飼って飽きてしまうそういう事ありますよね。
飼うという事が、飼い主達の生活上の制約・費用など大変なことを考えてから飼って欲しいです。
よく散歩で行き会う人に話の中で、ワクチン・フェラリア・ノミダニフロントライン・シャンプー・など大吾パパが大変ですよというと、知らない人がたくさんいるくらいですから。
望まれない子供が野良犬になりまた子供を産むのですから、放し飼い。環境をやめれば大分違うと思うのですが。
15~20年くらい家族でいるんですから、飼う前に真剣に考えて欲しいです。
2009年11月26日 23:06
野良犬、って死語だと思っていました。それぐらい見たことありません。
小さい頃野良犬を見るととても恐くて遠回りして帰っていたことを思い出しました。犬を飼って、溺愛しているなんて、自分でびっくりです。ワンコも生きものだということ、ちゃんと分かって欲しいですね。小さいときからの教育(もちろん人間の)が必要だと思います。
2009年11月28日 10:08
なおさん おはようございます
この辺は、普通にいますよ!ビックリでしょ!
よく公園で、フンの後始末は・・・の看板はありますが、この辺では
犬・猫を捨てないでください!の看板ですから!ゴミを捨てないでくださいと同じですよ!(怒)
ワンコが長生きで、幸せに生きるのも、すべて我々人間しだいかな。
2009年11月28日 15:53
こんな記事には本当に心が痛みますね。皆さんがおっしゃるように命あるものには責任を持って接していかいといけない。それは常識だと思っていますが、そんな風に思わない人もいることが現実なんですね。
2009年11月28日 16:46
りんごママさん こんにちは
半減したといっても、茨城県だけで5千匹以上処分されているんです。
飼う以上は、最後まで看取るまで責任を負う事です。安易に考えないで欲しいです。
去勢避妊だけでは野良犬、処分犬が減るわけではないですからね、飼い主の心がまえがすべてだと思います。
2009年11月28日 23:15
はい、まったく同感です!!